高齢者向け住宅運営会社様へ

空き家管理サービスのご提案

老人ホームや介護施設へのご入居などに伴い、自宅を空き家として放置せざるを得ないケースが近年増加しています。ご子息が遠方に住んでいるため、空き家の管理ができないといった場合、住宅としての資産価値の劣化、近隣とのトラブル、放火やゴミの不法投棄などを懸念され、ご入居予定者様が入居を躊躇されるといったケースもあることでしょう。

平成27年5月には、主に危険な放置空き家の対策を目的とした法律「空き家対策特別措置法」が制定され、空き家の適正管理を所有者等に義務付け、行政指導に従わない場合には過料や氏名の公表などの罰則が設けられました。一部の空き家(特定空家)については、税負担の大幅な増大も盛り込まれ、空き家所有にかかるコストは膨らむ一方となっています。

思い入れのある自宅を空き家として放置することは、ご入居者様にとっても精神的なご負担になることもあるかと思います。日本空き家サポートでは、不動産の専門家としての経験・知識をベースに、空き家所有者様やそのご家族の皆様のご負担を軽減すべく、空き家管理サービスを提供しています。

ご入居者様やご入居をご検討される方に対し、ご自宅に関する“安心”を提供いただくことは、ご入居促進、ご入居者様向けサービスの向上に資するものと考え、日本空き家サポートでは高齢者住宅運営会社様との業務提携を進めています。

詳しいご説明をご希望の方は、日本空き家サポート運営会社 株式会社L&Fまでお問い合わせください。

お問い合わせ